2012-08-25

【読書】悪の教典  貴志祐介

学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか──ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー。2010年度「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第1回山田風太郎賞。

同じ作者の「黒い家」も好きですが、この「悪の教典」も面白かったです。
怖さで言うと「黒い家」の方が怖いですが、学園物で沢山の登場人物が居て、長さを感じず読めました。
序盤は良い先生のように感じますが・・・
ネタバレになるのでやめときます。
映画になるそうなので楽しみです。
 

 

関連記事

【読書】イニシエーション・ラブ 乾くるみ

【読書】100円のコーラを1000円で売る方法 永井 孝尚

【読書】死神の精度 伊坂 幸太郎

【読書】臨場 横山 秀夫

【読書】感染遊戯 誉田哲也

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...