2013-07-27

DMM の 3Dプリントを試してみる レビュー1

初めての 3Dプリント!

初めてなので、手軽で料金が安そうな DMM のを選びました。
つくりたいもの、ほしいもの、ネットから3Dプリント! - DMM.com
まずはモデルデータのアップロードですが、1から作らずに既存のデータを使いました。
普段使っているソフトは Shade です。
Shade 3D 公式サイト | Shade 3D ver.14 | イーフロンティア
新バージョンの 14 から STL形式にエクスポート出来るので、丁度良かったです。
使うデータは これ。
image
これを STL形式でエクスポートして、DMM にアップロードしましたが、数分でエラーメールが帰ってきました。
「寸法の確認お願いします。」
3Dプリントできない大きさでした。
(普段サイズを意識していないので・・・)
それで、プリント可能な 180mm でSTLデータをつくて、再アップロード。
つぎは、「反転している面や、閉じられていない部分があるため造形できません。」
これは厄介です。
Shade は面の裏表を意識しないで作成できます。
大量にある裏返った面を反転していきました。
反転した面や閉じられていない部分を簡単に探すために、他のソフトも使いました。
MiniMagics(日本語版)の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
3Dプリンターで造形するデータのチェックに最適な、フリーのSTLビューワ
MinMagics で表示させると、こんな風。
image
赤い面が裏返った面で、黄色い線が閉じられていない部分です。
全部なおして再々アップロード。
やっと、「アップロードしていただいた内容の確認が完了致しましたので、ご注文手続きにお進みください。」で合格です。
しかし、そのメールに書かれた金額に驚愕!
素材と価格
アクリル樹脂 34,850円
ナイロン(ポリアミド) 11,175円
とても試せる金額ではありません・・・
という事で、サイズを 180mm から 80mm に変更して、再々々アップロード。
今度は
素材と価格
アクリル樹脂 4,506円
ナイロン(ポリアミド) 3,068円
何とか試せる価格です。
アクリルが かなり安くなったので、アクリルで注文することにしました。
注文して、5時間ぐらい経って、「ご注文いただいた下記商品の3Dプリントを開始いたしました。」とメールが来ました。
「通常7〜9日頂いております」となっていますが、意外と早く出来そうです。
届くのが楽しみです。

続報 DMM の 3Dプリントを試してみる レビュー2


関連記事
DMM の 3Dプリントを試してみる レビュー2
簡単に Feeldy Cloud へフィードを登録! Chrome 拡張機能 RSS Subscription Extension に Feeldy Cloud を登録する方法
au アレレ? au の新ロゴが aレレ に見える
初めてのケータイ ASTEL A271
MD、最後の悪あがき
現存する最古の自作画像
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...