2012-06-11

【読書】100円のコーラを1000円で売る方法  永井 孝尚

日本が抱える課題----「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?

100円のコーラを1000円で売る方法
永井 孝尚
中経出版 ( 2011-11-29 )
ISBN: 9784806142393

「顧客が言うことは何でも引き受ける」という日本人の勤勉さは、高度成長期を通じて無類の強さを発揮しました。しかし、それは同時に過当競争を生み出し、差別化ポイントを失わせ、「高品質なのに低収益」というアイロニカルな矛盾を生み出しています。
本書のテーマ----顧客中心主義とは、「顧客に振り回される」ということではなく、「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」ということなのです。

 

マーケティングの入門書的な内容です。

小説仕立てで読みやすいです。

題材が会計ソフトの会社なので親近感を持ちました。

 

 

関連記事

【読書】死神の精度 伊坂 幸太郎

【読書】臨場 横山 秀夫

【読書】感染遊戯 誉田哲也

【読書】マネー・ボール マイケル・ルイス

【読書】恥知らずのパープルヘイズ 上遠野 浩平、荒木 飛呂彦

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...