2012-03-02

【読書】感染遊戯  誉田哲也

ストロベリーナイトなどの姫川シリーズのスピンオフ作品!

捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、製薬会社サラリーマンの殺人事件。息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。姫川玲子班解体直前、殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、世田谷の老人同士の小競り合い。事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。それは、被害者の個人情報を、犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。事件の背後には何があるのか!?

感染遊戯
誉田哲也
光文社 ( 2011-03-19 )
ISBN: 9784334927486

 

ガンテツを中心にしたオムニバスで、最後は全ての話が つながっています。

ドラマが放送中で、この内容も含んでいるそうなので、「インビジブルレイン」より先に読みました。

話が前後してしまうので、順番通り読んだ方が良いようです。

 

 

関連記事

【読書】マネー・ボール マイケル・ルイス

【読書】恥知らずのパープルヘイズ 上遠野 浩平、荒木 飛呂彦

【読書】シンメトリー 誉田 哲也

【読書】ストロベリーナイト 誉田 哲也

【読書】ソウルケイジ 誉田 哲也

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...