2011-06-19

Android 版 SHOT NOTE と CamScanner の比較

Android 版 SHOT NOTE が配布開始されましたので、レビューをかねて、今まで使っていた CamScanner と比べてみました。

SHOT NOTE - Android マーケット

CamScanner -Phone PDF Creator - Android マーケット

使用目的としては、手書きのメモを Android 携帯のカメラで撮影して、トリミング、台形補正を行って、Evernote へ格納することです。

レビューのために SHOT NOTE(336円~)を購入するのは、もったいないので、ネットの情報から自作して、A4 用紙に 4ページ分 印刷してテストしました。

Image

 

SHOT NOTE

撮影までの手数が少なく、トリミング、台形補正も自動で行われます。

Image2

正しく認識させるためには、撮影にコツが要りますが、慣れれば問題無いようです。

右上の「No.(連番)」と「DATE(日付)」は OCR 認識を行ってくれるため、使いたい人は特殊な書き方で数字を書く必要があります。

OCR 認識の精度はイマイチで、かなり丁寧に書く必要があります。

画像の解像度(1024×768)が低いため小さな文字は見にくいようです。

Evernote への格納も簡単で、タグも付けられます。

しかし、解像度が低いせいか、Evernote での OCR 認識率は低いです。

 

CamScanner

SHOT NOTE と比べると自由に撮影できます。

2011-06-19.12.57.03

解像度も高く(カメラに依存?)、A4 用紙でも問題有りません。

2011-06-19.12.58.34

トリミングは、アプリが境目を検知してトリミング枠を提示してくれます。

そのままでも十分認識してくれますが、手動でトリミング枠を指定する事も簡単です。

台形補正と画質調整は自動で行ってくれます。

Evernote への格納は他のアプリの「共有」機能と同じで、Evernote のアプリがインストールされていれば画像として引き渡せます。

ちなみに、Dropbox へのアップは、このアプリ自体で対応しているため、より簡単に送れます。

解像度が高いせいか、Evernote での OCR 認識率は高く、上の画像のような汚い字でも「会」「製」「テスト」などが認識できました。

メモ帳以外でも、雑誌、ホワイトボードなども補正できます。

試しに、防災パンフレットを撮影。

2011-06-19.11.54.09

 

  SHOT NOTE CamScanner
撮影の手軽さ
画像補正の手軽さ
Evernote 連携
解像度
Evernote での OCR 認識
メモ帳以外の撮影 ×
コスト

 

総評

SHOT NOTE の利点は、簡単にトリミング、台形補正などができ、Evernote へのアップが簡単にできる点です。

また、連番や記入日などを OCR 認識させて管理することも出来ます。

CamScanner の利点は、撮影もトリミングも自由度が高い点です。

また、他のアプリへ「共有」機能で送れる点も良いです。

手軽さの SHOT NOTE、自由度の CamScanner

適材適所で使い分けるのが良いですが、SHOT NOTE のメモ帳は、少し高い気がします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...