2011-12-28

WiMAX モバイルルーター URoad-8000 ソフトウェアのアップデート ウェイティングモード対応など

待望のアップデート

URoad-8000|サポート情報|WiMAX製品情報サイト

リリース内容:
①IEEE802.11n対応
②ウェイティングモード対応
URoad-8000とWi-Fi対応機器間でWi-Fi未接続状態になるとURoad-8000が
自動的にウェイティング状態となり電力消費を抑える機能
最大ウェイティング時間:約18時間 ※時間は使用環境や期間により異なります
③自動電源OFF機能(任意設定)
上記②ウェイティング状態時のまま、設定した時間を経過後、製品本体が自動で電源OFFとなる機能。
※WEB設定画面にて任意に設定いただく機能です。
④Wi-Fiチャンネル選択仕様の変更
Wi-Fiチャンネル自動選択範囲を「1~11」もしくは「1~13」チャンネルの中から選択可能です。
初期設定値は「1~11」チャンネルとなります。

image

 

ウェイティングモードは便利そうです。

これで、ルーターの電源は ON のままで、接続機器側の Wi-Fi 接続のみ OFF にすれば良さそうです。

ちなみに、アップデートは PC が無くても、スマートフォンのブラウザからもできました。

 

 

関連記事

総額 約6,000円 WiMAX など、通信費の見直し とりあえず完了

UQ WiMAX、複数回線割引 開始! 2回線目 月額2,480円

UQ WiMAX、上り速度を15.4Mbpsに高速化!

ドスパラWiMAXスタートキャンペーン第二弾 4ヶ月間無料! 更にQuoカードも

WiMAX 導入! Wi-Fi モバイルルータ URoad-8000 のレビュー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...