2011-08-22

高性能 Android タブレットが、とうとう 3万円台に

GIGAZINE で 3万円台の高性能 Android タブレットの紹介をしていました。

3万円台が激戦区に、高性能Androidタブレットが相次いで値下がり – GIGAZINE

今年になって各社からNVIDIAのTegra 2プロセッサを搭載し、フルHD動画再生にも対応した高性能なAndroidタブレットが次々とリリースされていますが、タブレット市場において後発組であるにもかかわらず、5~6万円台で販売されるなど、4月に発売されたAppleのiPad 2より高価であることが普及のネックとなっていました。

しかし7月にAcerが4万円を切るAndroidタブレット「ICONIA Tab A500」をリリースしたことで市場は大きく変わり、iPad 2が最も安価なモデルでも4万円を超えるのに対して、各社が3万円台でデッドヒートを繰り広げています。

image

「ICONIA Tab A500」が低価格競争の きっかけだったようですね。

既に 2万円台でも、十分に使い物になるのも出てきていますし、これからも値下がりが期待できます。



関連記事

7型で399g の Android タブレット「Light pad」

腕時計にもなる Android ベースの小型多機能端末 「WIMM Labs 1.4」

Android用 手書きIME「mazec」が結構 使えそう!

Android搭載 腕時計、Android iPhone スマートフォンと通信して情報を表示

3万円台のBluetoothキーボード付きの Android タブレット

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...